絶景!感動!の立山 -2- みくりが池温泉編

絶景!感動!の立山 -1- 富山から室堂編 からの続きです。


2017年8月18日(金)15:30 みくりが池温泉に到着です。

今夜はみくりが池温泉に宿泊し、土曜日は夜には名古屋に帰っていたかったので、
翌日、朝食はお弁当にしてもらって朝早く出発して立山三山周遊縦走をするつもりでした。
d0341037_21152471.jpg
鍵付きの下駄箱(間違われる心配がないのでGood)に登山靴を入れ、フロントでチェックイン。

我が家は、みくりが池温泉のHPで予約し、カード決済していたので、
名前を書くだけで手続きはすみました。

部屋番号や食事時間などが書かれた紙をもらい、説明を受けます。

早立ちする人は、この時に朝ごはんをお弁当に変えてほしいと頼むのですが、
もし、朝食をお弁当に変えていたら この↓パン弁当になります。
あとで出てきますが、みくりが池温泉の朝食は豪華です。
パンじゃ代わりにならない~。
d0341037_11102435.jpg
パン・アクエリアス・大福・ソイジョイ・魚肉ソーセージのセット。

朝ごはんがどうしても食べたかったのと(←笑)明日も天気は良くないらしいので
ゆっくり出よう、とお弁当はやめました。


二階が全部部屋になっています。
部屋によって、ドアの外にスリッパを脱ぐタイプと、部屋の中で脱ぐタイプがあります。
d0341037_21152426.jpg
もちろん個室がいいけど、2人では予約できません。
なので男女共用相部屋になりました。1泊2食で9,300円
2段ベッド4人×2段の8人部屋です。
私たちは下の段の半分のスペースでした。
d0341037_21152436.jpg
お盆過ぎの金曜日だからか、8人定員の相部屋には我が家の他に一組のご夫婦と、
若い男の子一人の5人での利用で満室ではありませんでした。

カーテンで個室感はあり、コンセントも豆電球付きの電気も一人ひとりにあるので、まあくつろげます。
でもカーテン一枚で同室なわけだから音は筒抜けです。
あと端っこは、ベッドと壁の隙間にザックを置けるので良かった。
お布団は清潔で、新しいシーツが一枚与えられるので、布団の上にそれを自分で広げて敷き、寝ることができます。

あと、雨が降っていたこともあり、部屋の窓を閉めていたので、狭い部屋に5人の息がこもり、
空気がよどんでいて辛かったかな。8人は無理だぁ。
d0341037_21152344.jpg
夕食は①17:30~18:30 と②19:00~20:00 に分かれていて、私たちは19:00からでお願いされました。


お風呂は、一回目の食事が始まる頃に行ったのでゆったり入れましたよ。
d0341037_21221549.jpg
お風呂の入り口。
ビールの自販機w(一番搾り350ml400円でした)
d0341037_21263460.jpg
最高だったお風呂!かけ流しの硫黄の温泉!!
あつ湯と適温と浴槽が2つありました。
あつ湯は誰も入ってなくて、熱いの大好きな私は独り占め♡
疲れが取れる!温まる!!

洗い場は6か所だったかな。

ドライヤーはお風呂を出た洗面所にありましたし、トイレも女性専用も多かったので
施設としては、快適です。
 

19時になったので食堂へ。
d0341037_21223872.jpg
別メニューは券売機で食券を購入します。
私は生ビール700円と白エビの唐揚げ520円を。
d0341037_21223849.jpg
山小屋で温泉のあとにビール!最高!!!超ご機嫌。

夕食も豪華!
メインは鶏のレモンペッパー焼き。
私は肉アレルギーですが、山小屋で対応はしてもらえないだろうと思っていたのですが、
チェックインの時に、聞いてみたらなんと肉を魚料理に変えてくださっていました!!

なんと!素晴らしい対応!
d0341037_21223840.jpg
私のメインは白身魚のハーブパン粉焼きでした。
ほかにスモークサーモンのサラダ、冷やし茶わん蒸し、穴子のてんぷら、夏野菜の炊き合わせ、サスの昆布じめ。

ごはんとお味噌汁とお茶は自分で好きなだけ盛るセルフスタイル。

d0341037_21223795.jpg
白エビの唐揚げはサクサク、スモークサーモンと枝豆つき。おいしかった♡

お酒は日本酒に赤白ワインに焼酎、充実していました。
もっと飲みたかったけど翌日のことを考えてビール一杯だけ。

d0341037_21231013.jpg
食堂からは雨が上がって立山の夕暮れ?夜景も見られました。
楽しい夕食でした♪


食後は喫茶みくりを覗いたり、お土産をみたり
d0341037_21231076.jpg

21時消灯なので、それまで外に出て、星空を眺めたり。

d0341037_21231086.jpg
北斗七星がきれいに見えました。

部屋に戻って就寝。
すぐ寝つけたけど、隣のご夫婦の旦那さんのほうがいびきがうるさくて、
何度も目が覚めました。
一応耳栓も持って行ったけど、気になってすぐ外してしまいました。

下の4列、男二人が真ん中で寝て、妻は両端に寝る形だったのですが、隣の旦那さんの寝相が悪く
夫のカーテンを超えて(!)何度も越境してきたらしく、
「ちょっと!」と言ってぐいぐい押しても全然起きなくて寝られなかったそうです。ご愁傷様。

私はやっぱり相部屋は無理だなぁ…と思った出来事でした。

朝は4時過ぎに起きてお風呂へ。
最高です!
でも外は一面ガスで、前日は窓から地獄谷が見えたけど、朝は真っ白でした。

朝食は6時からですが、並ぶだろうと思って早めに並びました。
5:45の時点で6人ほど並ばれていました。

6時に来た人はかなり待っていましたが、6:30ごろにはがら空きだったので、
急がない人はゆっくりでもいいかも。
d0341037_22103292.jpg
6時になると、ブッフェ方式の朝食を自分でお盆に順に取って行き、それから席に着くスタイル。

d0341037_21241124.jpg
これがまあ品数豊富で! お豆腐に
d0341037_22103188.jpg
もやしと豚ニラ炒め、ウインナー、肉団子、塩鮭

d0341037_22111264.jpg
野菜サラダ、マカロニサラダ、ほうれん草のお浸し、切り干し大根煮、温泉卵、納豆、味付け海苔、漬物、オレンジ、カスピ海ヨーグルトなどなど。

d0341037_22103266.jpg
ごはん山盛りw
夫はもう一回並んでお代わりしていました。

食後は喫茶みくりにセルフのコーヒーがあったので利用して。(1杯200円缶に入れるシステム)
d0341037_22111344.jpg
なんだか雨がザーザーなので、出かけるに出かけられない感じで部屋でうじうじしていましたが、

夫が「せっかくだから行こう!!」と強く言うので、レインウェアを着込みどんより暗い気持ちでいざ出発!

d0341037_11014476.jpg
行ってきまーす。





[PR]
by yamamihochoco | 2017-08-26 13:27 | 泊り登山 富山


2015年死ぬまでに一度は富士山登ってみたいな。なんて話して始まったアラフォー夫婦の登山ブーム。2016年8月富士登山実現しました!


by miho

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

北アルプスの絶景!を眺める蝶ヶ岳
at 2017-10-11 23:27
絶景!感動!の立山 -4- ..
at 2017-09-03 22:05
絶景!感動!の立山 -3- ..
at 2017-08-30 12:19
絶景!感動!の立山 -2- ..
at 2017-08-26 13:27
絶景!感動!の立山 -1- ..
at 2017-08-23 13:57

カテゴリ

その他
きっかけ
買い物 山グッズ
日帰り登山  山梨
日帰り登山 長野
日帰り登山 岐阜
日帰り登山 三重
日帰り登山 愛知
日帰り登山 静岡
日帰り登山 滋賀
富士山
ハイキング
マラソン
泊り登山 富山
日帰り登山 山梨

最新のコメント

> jimaさん ..
by yamamihochoco at 21:09
こんばんは。 美しい展..
by jima at 20:24
> jimaさん ..
by yamamihochoco at 10:45
こんばんは。 閲覧注意..
by jima at 23:43
> ぼっくりさん ..
by yamamihochoco at 14:20
鳳来寺山近くに三ツ瀬明神..
by ぼっくり at 01:22
> jimaさん ..
by yamamihochoco at 22:33
こんばんは、御無沙汰して..
by jima at 20:25
> jimaさん ..
by yamamihochoco at 21:02
こんばんは。 あけまし..
by jima at 21:58

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

フォロー中のブログ

タワゴトだいあり♪ 
お山歩日記
EASY HIKING

外部リンク

検索

タグ

(10)
(8)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

その他のジャンル

記事ランキング

画像一覧