カテゴリ:日帰り登山 岐阜( 6 )

濃霧の乗鞍岳 - 満開のお花畑とライチョウ-

満開のハクサンイチゲをどうしても見てみたくて、乗鞍岳に行ってきました!

d0341037_21272929.jpg


2017年7月30日(日) 岐阜県 乗鞍岳(ほおのき平バスターミナル 畳平→剣が峰 ピストン)

7月の3連休からずっと晴れの日を待ち続けたのですが、土日の度に雨予報・・・(´・_・`)
7月最後の土日も曇り時々雨の予報でしたが、お花が終わってしまうので雨でもしょうがない、と割り切って行ってきました。

名古屋から乗鞍岳へは、岐阜県側のほおのき平からバスか、長野県松本IC経由で乗鞍スカイラインか。

私たちは岐阜県から高山経由でほおのき平バスターミナルを利用しました。

朝3時半に家を出て、6時半にほおのき平バスターミナルに到着。
夏休みの日曜だから、混んでるかと思ったけど、こんなお天気だから?駐車場はガラガラでした。

d0341037_21273190.jpg
トイレを済ませ、切符を買って6:55のバスに乗ります。(バスもガラガラでした。)

道中も濃霧の中。

d0341037_21273180.jpg
7:40 畳平到着。
真っ白で何も見えません。そして寒い。レインウェアを着込みました。

どこがお花畑の入り口なのかもわからない。

ターミナルをうろうろして、降り口発見。
7:50 お花畑へ。

d0341037_21273197.jpg
早速雪渓が! わぁ。すごい。さすが2702m。


d0341037_21525223.jpg
満開のハクサンイチゲ! お花畑に降りる階段脇にもうたくさん咲いていました♪
盛りを過ぎているような花弁が散ったものもあったので、お花は今週がラストリミットでした。

こんなお天気だけど、お花に間に合ったので良かった!
d0341037_21272809.jpg
クロユリもたくさん見ました。
露がついてきれい。
d0341037_21273041.jpg
コイワカガミ?イワカガミ??

d0341037_21273030.jpg
ハクサンボウフウ?とミヤマキンポウゲ

d0341037_21273097.jpg
ヨツバシオガマ

d0341037_22194926.jpg
アオノツガザクラ。

d0341037_22194921.jpg
ミヤマキンポウゲ。

d0341037_21272928.jpg
お花畑の木道を行きます。
木道の両側には一面のお花たち。

本来ならば、抜ける青空と山が見えるはずの景色。

かっ悲しい・・・。

でも!!

d0341037_22235999.jpg
ライチョウ!!!(真ん中にいます)

ちょっと遠いのと、ガスで見にくいけど、人生初生ライチョウ!!!

嬉しい~♪♪ 見つけた夫、エライ!

お花畑の中にライチョウが2羽。

近くに来ないかな~とずっと眺めていましたが、ほとんど動かなかったです。

あきらめて剣が峰方面へ歩き出します。

d0341037_21272934.jpg
富士見岳のふもとはコマクサの群生!
ピンクの可愛いお花がそれはもうたくさん咲いていました!

d0341037_22264904.jpg
脇にまたまた雪渓。

乗鞍は雪渓がたくさんありました。

不消ヶ池はガスで見えなかった~(´・ω・`)

でもでも~♪♪

肩の小屋まで5分くらい?のハイマツと岩場のところで

d0341037_22264984.jpg
ライチョウが!!

しかもオスだよ~。

d0341037_22264974.jpg
テトテトぴょん、と歩いてました。

d0341037_22265061.jpg
すぐ近くにはメスのライチョウが2羽。スリーショット!

3羽ともまるまるしてておいしそうだった・・・。(そりゃヨーロッパで食べられちゃってただけあるな、と思いました。)


もう嬉しくて嬉しくて、景色は全然見えなくても、乗鞍きた甲斐があった~!って。

他の登山客とライチョウを眺めつつ盛り上がりました。


9:25 あっという間に肩の小屋に到着。

d0341037_22402917.jpg
初ライチョウ記念にバッジ買いました♪かわいい!

d0341037_22264802.jpg
濃霧から霧雨になってきたので、ここでレインウェアのパンツも履いて、ザックカバーをつけて。
お腹も空いたので食事を取ることにしました。
d0341037_22402924.jpg
持参のおにぎりと
d0341037_22403083.jpg
ふきのとうの天ぷらそば700円。

寒かったから暖かいお汁がしみる~。おいしかったー。

ちょっとのんびりしすぎました。
知らないうちに、人がものすごい増えてる!

10:00肩の小屋出発。
d0341037_22402965.jpg
ここからはガレザレの山道になってきます。

d0341037_23052657.jpg
バスツアーの団体さんが一気に増え、登山道はまさかの渋滞。
前の人に続いてのろのろ歩く・・・。
d0341037_23052572.jpg
天候は相変わらず濃霧の中。

10:50 剣が峰到着~。3026m

d0341037_23052581.jpg
神社があってお守りやお札が売っていて、宮司さんもいらっしゃいました。


d0341037_23052616.jpg
そんなに広くない山頂で記念撮影。
なんにも見えなくて悲しい~( ノД`)
ほんとだったら、アルプスの山々や富士山なども見えるんですよね。

夫とお天気の良いときにまたリベンジしようねって話してました。

d0341037_23052650.jpg
少し空が明るくなってきたので(さっきまであんなに寒かったのに、半袖になったくらい。)
もうちょっと山頂で粘ることに。

d0341037_23284872.jpg
狭い岩場に何とか座ってコーヒータイム。

d0341037_23475658.jpg
12時までてんくらはA判定でしたが、だんだんまたガスが濃くなってきたので
11:40 あきらめて下山します。(て言うかこの天気でAなんだ・・・)

d0341037_23284820.jpg
下山は、親子イベントでもあるの?っていうくらい、登ってくるちびっこと沢山すれ違いました。

距離は短くても、3000m級の山。
子供はすごいな~。

あっという間に下山して、肩の小屋も通り過ぎ、

d0341037_23284805.jpg
イワギキョウ。

帰りも行きと同じところで3度目のライチョウ。
こんなにも会えてお腹いっぱいだよ!

d0341037_23284823.jpg
圧巻のコマクサ。すごい数の群生。上までずっと続いています。

d0341037_23284743.jpg
株もとっても大きい!

d0341037_23541894.jpg
鶴ヶ池近くのコバケイソウ。


畳平に戻ってきました。

ちょうど12:50のほおのき平バスターミナル行きのバスが来てたので乗り込みます。
d0341037_23553749.jpg
帰りのバスにはガイドさんがいて、
「雷が鳴るような荒れた天気の時に良く出会うからかみなりの鳥と書いてライチョウと言うんです。」
と言っていたのを聞いて、

夫と、「景色は楽しめなかったけど、こんなお天気だからこそ、ライチョウに3度も会えたんだよね!」と。


13:30 ほおのき平バスターミナルに到着。

すぐ目の前のほおのきスキー場ではバイクのイベントがやってたのでちょっと見学。
d0341037_23541808.jpg
すごい斜面を登ったり下りたり。

帰りは高山に寄って古い町並みを少し散策して
d0341037_23541861.jpg
行きたかったソフトクリーム畑さんへ。
d0341037_23541926.jpg
米粉のクレープ!
d0341037_23541786.jpg
アイスクレームブリュレとクッキー&クリームアイス

んー!んま!!

大して歩いてないのに、糖質三昧♪

山歩きとしては物足りないけど、たくさんのお花たちと初ライチョウに感激した1日でした!















[PR]
by yamamihochoco | 2017-08-02 00:25 | 日帰り登山 岐阜 | Comments(2)

紅葉求めて簗谷山

紅葉のアルプスに行くつもりだったのに、
今年の土日は雨ばかりでシーズンは見逃してしまい、
低山でもいいからどこかどこか!!紅葉の山に行きたい!!ってことで
岐阜県下呂市の簗谷山へ。
d0341037_19574926.jpg

2016年11月5日(土) 岐阜県下呂市 簗谷山(南尾根ルート↑ ぶなの木ルート↓)

晴天の土曜日。
混むだろうと予想して、高速は使わずに下道で北上。

渋滞もなくスムーズに岩屋ダムまで進みます。

d0341037_20000044.jpg
金山の森キャンプ場のきれいなトイレをお借りして
すれ違えない細い道を進み登山道口の駐車場に到着。

d0341037_19574631.jpg
9時ちょっと前の時点で、10台ほど停められる駐車スペースは満車。
狭い路肩に次々と車が停まって行きます。

9時登山スタート!
d0341037_19574612.jpg
見渡す限りのもみじの林。
全く紅葉していませんが、陽に透けてキラキラ光る青葉が美しい。

かつらの甘い綿菓子のような香りも漂います。
d0341037_19574768.jpg
行きの南尾根ルート。
歩きやすい道が続きます。

d0341037_19574830.jpg
小鹿の涙(小さな滝)を過ぎる頃にちらほら紅葉が見られるようになってきました。
グラデーションがきれい。
d0341037_19574885.jpg
赤い葉はまだ少なく、黄葉が多いです。
d0341037_19574926.jpg
山頂方面が見える少し開けた場所に着きました。
右側に写っている岳見岩に座っている人が見えます。

山頂付近はきれいに紅葉しているようです。
d0341037_19574578.jpg
黄葉のトンネル。

10:30 岳見岩に到着。

d0341037_20015696.jpg
のぞき込むときれいに紅葉している山々が見えます。

d0341037_20032150.jpg
岩自体は4~5人で一杯になってしまうような場所なので
先客もいたし、後からも人が来たし、写真だけ撮ってすぐ移動しましたが

d0341037_20033434.jpg
9月に登った御嶽山が良く見えました。


岳見岩から10分弱で山頂到着。

10:50 簗谷山 1213m
d0341037_19574462.jpg
山頂はご覧の通りの広さなので、あまりのんびりできる感じではないです。

この日は年配の団体さんが多く、かなり賑やか~でした。

でも山頂で食べるおにぎりはやっぱり最高に美味しい!!

d0341037_22173136.jpg
のんびりできないとか言いつつ、しっかりおやつと紅茶も頂いて、
プレートで恵那山、乗鞍や先っぽだけ見えてた槍ヶ岳などの山座同定したりして。

11:30 もみの木ルートで下山します。

d0341037_19574596.jpg
もみの木ルートの方がきれいに紅葉しているところが多かったです。
d0341037_20033063.jpg
途中御嶽山がどーんと見えます。
少し冠雪した様子が美しいです。


d0341037_19574495.jpg
下ってくると沢沿いの道に。
3か所くらい沢を渡ります。

増水してたら私は無理だな~。

d0341037_22173037.jpg
13時 登山道入り口に到着。

休憩含めて4時間のちょうど良い疲労感のお手軽登山で楽しめました。

紅葉にはもう一週あとでも良かったかもだけど、次の週はマラソン大会が控えているのでお天気の日に行けて良かったです^^

登山道から金山の森キャンプ場へ下る道では猿の親子が道の真ん中にいてびっくり。

d0341037_20064470.jpg
帰りに岩屋ダムに寄りました。
周辺の紅葉もなかなかきれいでした~♪

あと道の駅美濃白川に寄ったのですが、そこの抹茶ソフトクリームが美味しすぎました。
また食べたいw

久しぶりの山、良かったなぁ。

今年はあと何回山登りできるかな。




[PR]
by yamamihochoco | 2016-11-08 23:06 | 日帰り登山 岐阜 | Comments(0)

紅葉の御嶽山 -2-

2016年9月24日 紅葉の御嶽山-1- のつづきです。

絶対に見たかった三の池!
素晴らしい景色だった!感動です!
d0341037_21342928.jpg



二の池を出発しサイノ河原を通って摩利支天山方面へ。
d0341037_22081250.jpg
山岳信仰の霊山だけあって、あちこちに石碑があって、ちょっと怖い雰囲気。


d0341037_22081206.jpg
歩いてきた道を振り返ります。
後ろに剣が峰。

二の池から下って、摩利支天へ向けてまた登り返す。

御嶽山って山頂エリアが広大だなぁ・・・。

それもこれも、火山の特徴、外輪山がたくさんあるからと。ほほう。

そして5つある火山湖。
d0341037_22081222.jpg
この青い火山湖 三ノ池が見たかったんです!

サイノ河原を越えて登った白竜避難小屋前からの眺めです。
d0341037_22081277.jpg
青空じゃないのが少し残念だけど、向こうには乗鞍岳も!


ここからまた摩利支天山方面へ登ります。

11時20分 二の池から50分かけて摩利支天乗越到着。

五ノ池へ今度は激下り。

d0341037_22081246.jpg
五の池と五の池小屋と山の池を眺める絶景!

d0341037_22081183.jpg
しかーし! 高所恐怖症である私にとって、この左側がキレてる(大げさでしょうが私にはそう思えます)
斜面を下りていくのが怖くて怖くて・・・。

足元だけに集中して、左を見ないようにして・・・。

d0341037_22081148.jpg
しかもこの細かい岩の道が怖くて!

マーキングされているので、気を付けて歩けば大丈夫なんですが、
それでもガタガタする透けてる足元がどうにも恐怖感をあおるのです。

もうこの道は絶対通りたくありません。

ここを通り過ぎると今度は溶岩の真っ黒いガリガリ道。

御嶽山は本当にバラエティに富んだ道の山ですね。

d0341037_11415070.jpg
11時50分 摩利支天乗越から30分下って五の池小屋到着~。

駐車場から5時間、お腹が空きました~。

五の池小屋ではビール飲んでる宿泊者と思われる人々。

う・うらやましい・・・。

いつか五の池小屋に泊まって愛と冒険のトレッキングルートで雷鳥を見るんだ!!

そして夜は薪ストーブで焼いたピザを食べてビール飲むんだ!!

少し山小屋のご主人と奥さま(でしょうか?)とお話させていただきましたが、とってもいい感じでした~。


d0341037_11415014.jpg
でも今日のところは持参のおにぎりとお味噌汁で・・・。

山で食べるおにぎりってホント美味しく感じます。


12時20分 帰りましょう~。

本当は、三の池を周遊して、三の池から女人堂に帰るルートを取るつもりでしたが、
雪渓エリアのがけ崩れの規制の為通れませんでした。

と言うことで三の池からサイノ河原方面へのルートを通り、二の池へ戻るルートを通ることに。
遠いよ~。

d0341037_11415044.jpg
でも、こんな絶景を見られたんだから文句なしです。

ほんとうに美しい景色。

d0341037_11415009.jpg
もう少しで白竜避難小屋、と言うところで一気に景色が変わり、真っ白に!

小雨も降ってきました~。

d0341037_11480447.jpg
避難小屋でレインウェアを着こみ、ザックカバーを付けて急ぎ足で帰ります。
(避難小屋ありがたーい。御嶽山は行者小屋が沢山あるので、ありがたいです。)

d0341037_11480477.jpg
ガスってる二の池ってあの世感が漂って怖いというか神秘的というか・・・。
d0341037_11480591.jpg
14時40分 女人堂へ戻ってきました~。
2時間20分の下り道、すでに足が大分プルプルしてきました。

ここから中の湯の駐車場までコースタイムでまだ1時間20分もある~ヽ(T-T )ノ ヽ( T-T)ノ
d0341037_11480531.jpg
濡れた落ち葉が木道を滑らせます。
雨も降ったりやんだり暗い道。 気分も滅入って全然進まない・・・。

長い下りが辛くてつらくて・・・。

私たちは下りが苦手で、いつもどんどん抜かされます。

明らかに私たちより太ってたり、かな―り年配だったりする御一行にも抜かされちゃうんです。

今まで下りで誰かを抜いたことって一度もないかも・・・。

下りを上手く歩く方法があるのかなぁ・・・。


と、くじけそうな心でなんとか歩いて(いや実際には挫けて夫にかなり八つ当たりを・・・)

d0341037_11480576.jpg
16時20分 黒沢口(中の湯)駐車場到着~!

長かったぁぁぁ。


全行程9時間20分!!  長い!!


初心者には長すぎました。

今度から8時間越えのルートは選ばないことにしようと誓ったのでした。







御嶽山素敵な山でした。





[PR]
by yamamihochoco | 2016-09-27 13:57 | 日帰り登山 岐阜 | Comments(4)

紅葉の御嶽山 -1-

土曜日は、長野と岐阜に鎮座する独立峰 御嶽山へ行ってきました。
d0341037_22435471.jpg
2016年9月24日(土) 御嶽山(黒沢口→9合目→五ノ池→黒沢口)

台風の影響でずうっと雨の日が続いて今年の紅葉は例年より早い、との情報を得て
いまひとつのお天気でしたが、土曜日に行くことに。

御嶽山へのアプローチは大滝口、開田口、小坂口、日和田口、黒沢口とありますが、
2年前の噴火の影響で、大滝口は通行できず、名古屋からアクセスしやすいこともあり
今回は御岳ロープウェー近くの6合目から登る黒沢口ルート(中の湯出発)を選びました。


中央道を中津川インターで下り、国道19号を北上し県道20号へ入り中の湯駐車場へ。
d0341037_22435489.jpg
6時15分の時点で車は6台ほど。
紅葉最盛期の土曜日に、この状況はやはり二年前の噴火の影響が色濃くでているのでしょうか?

駐車場にはとてもきれいなトイレがありました。
登山届をポストに出し6時40分 中の湯6合目からスタートです!
d0341037_23094423.jpg
登山道は木の階段ですが、前日の雨の影響で水が溜まっていて歩きにくく
増水時は沢を渡れないこともあると看板が立っていました。
d0341037_22435481.jpg

天気予報では午後3時から雨だったので、帰り水浸しにならないといいけど…と思いつつ登ります。
d0341037_22435497.jpg

7時35分 七合目を過ぎたロープウェイ乗り場との分岐に到着。
d0341037_22435430.jpg
コースタイム通り55分かかりました。

ここから8合目の女人堂までは木々が生い茂る暗めの道をずっと上ります。
御嶽山けっこう大変だな・・・と思いつつ登る。
d0341037_22435539.jpg
女人堂が近くなってくると硫黄臭が漂います。
火山灰も積もっている場所もあり、噴火の生々しい跡が・・・。

私たちは登山を始めてちょうど1年。
御嶽山が噴火をした2年前は山にまったく興味がなかった時でしたが、
それでもオンタイムで噴火のニュースを見ていて、それはそれは信じられない思いで恐ろしく感じたのを
よく覚えています。

今回の御嶽山登山のために、ヘルメットを購入しました。

d0341037_22435411.jpg
今日は曇りの予報でしたが、晴れてきました!
水にぬれた赤い実が映えます。

今日は9月の私のお誕生日に買ってもらったミラーレス一眼を初めて持ってきたので
おためし撮影で色々撮ってみますが、なかなか慣れず。難しい・・・。
d0341037_22435572.jpg
8時40分 ロープウェイ分岐から1時間で8合目 女人堂に到着しました。

d0341037_22435400.jpg
女人堂から見る御嶽山の紅葉は最高潮!と言った感じで素晴らしかったです。
瑞々しい錦の世界を何枚も写真を撮ったのに、あとから写真を確認したら全然見た通りに撮れてなくてがっかり。


ここではお腹が空いたのでおにぎりを1個食べ、トイレを済ませ8合目を出発。

d0341037_15584984.jpg
素晴らしい鮮やかな錦の紅葉。
お天気が今一つだったけど、紅葉ピークに来れたのは良かった。
d0341037_15563276.jpg
8合目より上からは、視界が開けていて眼下に雲海と町、駒ヶ岳、そして遠くに富士山も!

d0341037_15584977.jpg
なかなかの高度感!
緑の道だった8合目までと対照的に、9合目を目指す道はゴロゴロの岩の道です。
d0341037_15563295.jpg
火山灰の量が多くなってきて、硫黄臭もかなり強くなってきました。

火山を歩いている…と言う緊張を感じながら登ります。

d0341037_16071815.jpg
9合目の石室山荘には献花台が。たくさんいた行者の格好をした人たちがお祈りを捧げていました。

火山ぽい荒々しい山容。

スタートから3時間35分かかり 10時15分 に9合目すぎの剣が峰/二の池分岐に到着。

剣が峰方面へはまだ規制解除になっていないため、二の池方面へ。

10時25分 二の池到着。
d0341037_16160933.jpg
噴火口に近い登山道左側は火山灰に埋まっています。
二の池も濁っている青色。

d0341037_16181192.jpg
前日まで連日の雨だったので、ずぶずぶの火山灰の道かと思いきや、固く締まった道でした。

長くなったので続きます。
五ノ池、三ノ池方面へ向かいます!






[PR]
by yamamihochoco | 2016-09-26 16:38 | 日帰り登山 岐阜 | Comments(0)

白山 紅葉の平瀬道②


白山 紅葉の平瀬道①の続きです。

ビジターセンターでお弁当休憩30分ののち、

10時20分 ビジターセンター前にそびえる白山 御前峰へ出発。

d0341037_21004896.jpg
センター内で山頂から降りて来たおじさんが、

「寒くて凍傷になるかと思った。」(←これは少し大げさだったと後で知りましたが)

と言っているのを聞いて、

中にダウンジャケットを着て、フリースのネックウォーマー、フリースの手袋をして

出発しましたが、山頂は風がすごくて、これでも寒いくらいでした。
d0341037_21004829.jpg
登山道は石畳で歩きやすい!

私は余力があって、サクサク登れたのですが、

d0341037_21004812.jpg
夫が高山病?チックに。

木曽駒ケ岳で私がなったのと同じ!

手がしびれる~とか、息が切れて何度も立ち止まってしまう夫。


木曽駒で私は適応できてしまったのか、前回あんなにもつらかったのに、
今回は何ともないのでした。不思議。
d0341037_21004836.jpg
10:50 白山 御前峰 2702m 登頂!

やったー!やったー!!
ここまで登れたこと、本当にうれしいです!
d0341037_21004839.jpg

ビジターセンターも遥か下に。

d0341037_21004850.jpg

空は曇ってきてしまったけど、火山湖が良く見えて感激!

御池めぐりをしている登山者も見えました。

d0341037_21133068.jpg

風がものすごくて、立っていられないくらい激さむでしたが、

岩陰を見つけてしばし嬉しさをかみしめる・・・。

d0341037_21133010.jpg
岩には氷が! エビのしっぽと言われると初めて知りました。

この形!どんなに風が強いのか!さすが標高2702mだわ!

d0341037_21133013.jpg

登山道では先っぽしか見えてなかったアルプスの山々が、

山頂ではつながって見えるのにも、

自分はこんなにも高いところまで登ったんだーって実感できてしみじみジーンと。

d0341037_21133044.jpg
アルプスと紅葉と岩氷が一緒に見られるって言うのもすごいな。

寒かったけどパンとコーヒーでのんびりティータイムして山頂を噛みしめてから下山しました。


すっかり冷えてしまったので、室堂ビジターセンターへ再び寄って、

おやつと紅茶でお茶をして、売店を覗いたり、ダウンを脱いだり30分ほど過ごし。
d0341037_21133027.jpg
充実の売店&食堂。(許可もらって撮りました)
記念に何か買えば良かったかなー。

室堂を12:25 に出発し、いざ帰路へ!

d0341037_21155281.jpg
帰り道も曇りで霞んではいるものの、素晴らしい紅葉を眺めながら歩きます。
d0341037_21155282.jpg
しかし、下りは長くてつらかった・・・。

登りの3時間半より、下りの2時間45分のほうが、とってもとっても長く感じて。
d0341037_21155224.jpg
恐ろしいこんな道も。

登りは写真を撮りまくりつつ登ったので、5分歩いては1分止まるみたいな。

全然進んでないよね、って思いつつ歩いてたら着いた―!って感激だったのに、



帰りは結構一心不乱にノンストップで下ったのに、

他の登山者にどんどん抜かされるし、下っても下っても全然距離が短くならないし、

膝が痛くなってくるし、もうあと30分歩けって言われたらもう無理!ってくらい辛かったです。


そしてしみじみトレッキングポールが欲しい、と思いました・・・。
d0341037_21155297.jpg
15:10 大白川登山口 到着!!

ものすごい疲れたけど、達成感!!
d0341037_21161924.jpg
予定よりも早く帰れたので、白水湖畔ロッジでお茶することに。

頑張ったご褒美はやっぱりこれ!!
d0341037_21161942.jpg
最高や―!
d0341037_21161974.jpg
夫はバナナケーキとアイスコーヒー。

のんびりピースフルな時間。


帰りの高速も渋滞なく7時前には家に着くことができて、良かった良かった!

お天気にも恵まれて、素晴らしい紅葉を満喫できて、ほんとうに楽しい一日でした!!

なんて充実した一日だったんだろう・・・。

d0341037_22385677.jpg
初ロング登山を振り返って。

 地図では行き4時間10分 帰り2時間50分になってたけど、

 実際には行き3時間半 帰りは2時間45分でした。


 下りが苦手~。


 あと、登山てめちゃくちゃお腹が減るんですね。

 ずっとお腹空いててほとんどずっと食べてた私。

 あんバターコッペパン2個、チョコ胡桃パン1個、チョコレートに飴、
 お稲荷さん6個、卵焼き3個、バームクーヘン3切れ、ミックスナッツ、ビール、
 家帰ってから山盛りパスタ、ロールケーキ、栗まんじゅう


 これだけ食べても体重減ってるっていう。

 
 そして今はモモの筋肉痛で歩き方が棒の足です。




[PR]
by yamamihochoco | 2015-10-12 23:08 | 日帰り登山 岐阜 | Comments(2)

白山 紅葉の平瀬道①

紅葉の山に行きたくて決めた白山登山。
だけど登山初心者夫婦の心配は、とにかく片道4時間以上も歩き続けられるのか・・・。

コースタイム通りの速さで歩けるのか。

陽が落ちる前に帰って来られるのか。


でした。



普段ランニングで3時間くらいなら平気で走り続けられる体力があるから、きっと大丈夫、

と思う気持ちと、


重い荷物を背負って歩くこと、標高1000m以上も登り続けること、高所への適応、

登山特有の初体験のもろもろに耐えられるのかな、と言う不安な気持ちが

登山当日まで、シーソーのように揺れるのでした。



だけど! 初心者ふたりだけでの初登山は、本当に素晴らしい楽しい登山でした!
d0341037_22121277.jpg

10月10日(土) 白山 平瀬道 (大白川登山口~大倉山~室堂~御前峰)

朝3時に家を出発。

高速をすいすい走り、ひるがのSAでトイレ休憩。

トイレでは同じく山の格好をした人ばかりに出会いテンションが上がります。


荘川ICで降りて1時間くらい下道を走り、白水湖畔ロッジ前の駐車場に着いたのは6時ちょっと前。

d0341037_22121275.jpg
真っ暗な中、少しづつ朝日が射してくる

6時の時点でロッジ前の駐車場はほぼ満車に近かったです。

チップ制のトイレも並んでました。結構待った・・・。

これから4時間トイレがないルートなので、待っても入らないと(;´・ω・)

d0341037_22121262.jpg

6:15 大白川登山口から登山開始!

d0341037_22122239.jpg
登り始めからきれいな紅葉のトンネルが!

テンションめっちゃあがる!!
d0341037_22121260.jpg

道も整備されていて歩きやすい!

d0341037_22535272.jpg

あまりにきれいで歩き始めから写真を撮りまくり、全然前に進みません。

d0341037_22121201.jpg
d0341037_22121283.jpg
紅葉具合がもう、最高潮?

めちゃくちゃきれいでした。

d0341037_22561835.jpg
こんなに感動しながら歩けるなんて。幸せすぎる。

d0341037_22121232.jpg

この山を目指して歩いてたなんて、帰り道に確認するまで、知らずに写真を撮っていたのでした。

d0341037_22550261.jpg
景色に感動しながら写真を撮りまくりながら歩いてたら

普通の道過ぎて、気づかず一度通り過ぎて、驚いた大倉山山頂。

d0341037_22550273.jpg
8:15 大倉山避難小屋 到着。

携帯トイレの小部屋があったけど、人の気配感じまくりのあの場所で使う勇気はないな。

靴紐の絞め方がゆるかったようで、靴ずれができてしまったのでここでバンソウコをはって出発。


d0341037_22561843.jpg
登るにつれて、景色が開けてきて、ますます眺めが良くなってくる!
d0341037_22561892.jpg
見渡す限りの紅葉もほんとうに美しくて、同じ景色を違う場所で何枚も撮ってしまいます。

d0341037_22550292.jpg
遠くには雲の上からちょっぴり顔を出す御嶽山や北アルプスが!
d0341037_22561889.jpg
煙を出している御嶽山と白水湖と紅葉と雪渓。

こんな景色見られるなんて!!
d0341037_22550262.jpg

初めての長い山歩き、でも、苦しいとかなくて楽しくて
d0341037_23022190.jpg

ハイマツの道を進んで

d0341037_23022134.jpg

室堂が見えた!!
d0341037_23022128.jpg

10:45 白山室堂 3時間半で到着!

お腹が空いたのでビジターセンターの中で持参したお弁当を食べます!
d0341037_23051222.jpg
お稲荷さんと卵焼きとお漬物。

美味しかったけど、がっつりお弁当を広げて食べてる人が全然いなくて、

若干浮いてる私たちなのでした。


つづく。



[PR]
by yamamihochoco | 2015-10-12 00:21 | 日帰り登山 岐阜 | Comments(0)


2015年死ぬまでに一度は富士山登ってみたいな。なんて話して始まったアラフォー夫婦の登山ブーム。2016年8月富士登山実現しました!


by miho

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

不思議な光景!白砂の山頂ビー..
at 2018-06-22 23:10
北アルプスの絶景!を眺める蝶ヶ岳
at 2017-10-11 23:27
絶景!感動!の立山 -4- ..
at 2017-09-03 22:05
絶景!感動!の立山 -3- ..
at 2017-08-30 12:19
絶景!感動!の立山 -2- ..
at 2017-08-26 13:27

カテゴリ

その他
きっかけ
買い物 山グッズ
日帰り登山  山梨
日帰り登山 長野
日帰り登山 岐阜
日帰り登山 三重
日帰り登山 愛知
日帰り登山 静岡
日帰り登山 滋賀
富士山
ハイキング
マラソン
泊り登山 富山
日帰り登山 山梨

最新のコメント

> jimaさん ..
by yamamihochoco at 21:09
こんばんは。 美しい展..
by jima at 20:24
> jimaさん ..
by yamamihochoco at 10:45
こんばんは。 閲覧注意..
by jima at 23:43
> ぼっくりさん ..
by yamamihochoco at 14:20
鳳来寺山近くに三ツ瀬明神..
by ぼっくり at 01:22
> jimaさん ..
by yamamihochoco at 22:33
こんばんは、御無沙汰して..
by jima at 20:25
> jimaさん ..
by yamamihochoco at 21:02
こんばんは。 あけまし..
by jima at 21:58

以前の記事

2018年 06月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

フォロー中のブログ

タワゴトだいあり♪ 
お山歩日記
EASY HIKING

外部リンク

検索

タグ

(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

記事ランキング

画像一覧