タグ:長野県の山 ( 5 ) タグの人気記事

北アルプスの絶景!を眺める蝶ヶ岳

今年登った乗鞍も、立山も本来ならアルプスを眺められるはずだったけど、
お天気に恵まれず真っ白だったので、どうしても今年、槍ヶ岳を眺められる山に行きたい!!

と日帰りですが、安曇野までブーンと行ってきました。
この眺め!!最高でした!!
d0341037_18444448.jpg


10月1日(日) 長野県安曇野市 蝶ヶ岳(三股ピストン)

本当なら泊りで縦走コースを歩きたいけれど、日帰りコースしか無理なので、
三股からのピストンコースを選択しました。

登山道近くの三股駐車場は、常念岳へ行く人もいる人気の登山口。
シーズンの週末は満車必須との情報だったので、日曜の深夜着、車中泊をして明け方登り始めることにしました。

d0341037_18344717.jpg
12時に登山口近くの三股駐車場は、半分ほど空いていました。
土日で泊り登山と思われる車が結構止まっていて、私たちのような車中泊の人は少なかったかな。

少し離れた臨時駐車場にも、土曜日止めた車が何台か止まっていたようです。

真っ暗な駐車場からは満天の星!
4時すぎまで車中で仮眠。結構寒くて持ってきた毛布だけでは寒かったです。

4時過ぎから車が増えてきて、5時前には満車になっていました。

印象としては、土曜よりは、日曜の駐車場の方が混雑しないんだな、と言う感じでした。

d0341037_18344747.jpg
4:50 三股駐車場を出発です。

まだ真っ暗です。ヘッドライトをつけて、熊出没の情報もあるので熊鈴リンリン鳴らして歩きます。

d0341037_18344826.jpg
20分弱歩いて三股登山口。
ここで登山届を書いて。

d0341037_18344879.jpg
5:30 ゴジラみたいな木。

これがあのゴジラみたいな木なんですね~。

d0341037_18344849.jpg
空が明けてきて、美しいグラデーション。
d0341037_18344843.jpg
陽に照らされて輝きだす紅葉した木々が美しい~。
d0341037_18344918.jpg
桂のあま~い綿飴みたいな香りも所々で匂います♪楽しい。
d0341037_18344962.jpg
6:30 まめうち平 ベンチがあって休憩にちょうど良い。
暑くなってきたから上着を脱ぎました。朝は極寒でした~。
d0341037_21521218.jpg
霜も!
d0341037_18344946.jpg
まめうち平から1時間。展望が開けて常念岳が見えた!

ここまでも結構急登だったと思うんだけど、まだ登るの!?と思いつつ
下山者が口々に「あともう少しだよ!頑張って!」と声をかけてくれる。

ここから約一時間で
d0341037_18344763.jpg
8:30 大滝山分岐 

斜面がきれいに紅葉していて思わず声を上げてしまいます。
そして向こうに富士山!

d0341037_21531897.jpg
反対側の景色も最高!
写真を撮りつつ登っていくと・・・
d0341037_21531800.jpg
あつ!!あのとんがりは!!!

d0341037_21531892.jpg
あああーーー!!なんという景色!!!

d0341037_21531949.jpg
北アルプスの山々が一望できます!!
赤い屋根は蝶ヶ岳ヒュッテ。

d0341037_21531937.jpg
8:40 蝶ヶ岳山頂(2,766m)
とりあえず蝶ヶ岳山頂記念撮影。

d0341037_21550924.jpg
なんという青空。
きれいすぎて合成みたい。

d0341037_21531812.jpg
登山を始めて2年。
はじめての生 槍ヶ岳。


d0341037_21550979.jpg
ズームアップすると槍ヶ岳山荘も見えたし、槍山頂に人がいるのも見えます。
お互いすばらしいお天気に恵まれて最高ですね♪
d0341037_22022781.jpg
蝶ヶ岳ヒュッテの先にある山座同定盤のところで槍様と。
d0341037_21550913.jpg
その先の常念岳方面の美しい縦走路。
d0341037_22010107.jpg
蝶ヶ岳ヒュッテの近くは風が強くて寒いので、少し常念方面へ歩いてランチできそうなところを探してみます。

d0341037_21560392.jpg
草紅葉がきれい!

d0341037_21560351.jpg
登山道脇のハイマツの陰でランチ。
寒いからラーメンがおいしかった!
d0341037_21560471.jpg
穂高の上の秋らしい雲がとても美しい~。

d0341037_21560395.jpg
2時間も山頂でのんびり過ごしました!
11:00 名残惜しいけど、下山します。

d0341037_21573268.jpg
まだ富士山もきれいに見えていました。
d0341037_21573132.jpg
安曇野の町の向こうの南アルプス。

d0341037_22414505.jpg
御嶽山も乗鞍も良く見えました。

d0341037_21573219.jpg
日差しを浴びてキラキラ輝く木々が美しい。

d0341037_21573290.jpg
しかし下りが苦手な我々・・・・。
段差の大きな階段が続きます。

d0341037_21573142.jpg
登山道は整備されててとても歩きやすくはあるんですけども。
頑張って下ってるのに、どんどん抜かされる我が家。
登山口まだかな~。

d0341037_21591620.jpg
登山道口近くになると緑のきれいな沢沿いを歩くので癒されます。

d0341037_21591606.jpg
力水。
え?みんなここの水を汲んで飲むの??

以前 読んだ山の遭難記に、遭難中 沢の水を飲んだら後日お尻から虫がわいた、と書かれていて、
それ以来 沢を見ると、その遭難記を思い出してしまうのです。

d0341037_21591526.jpg
行きは真っ暗だった登山届を出す小屋。
ここから駐車場まで地味に疲れました。

14:00 三股駐車場到着

行きは4時間(休憩含む)だったのに、下りはほとんど休憩なしでも3時間。
やっぱり下りが苦手~^^;
楽に早く下るテクニックとかあるのかな~??


帰りはお風呂に寄ろうと思っていたけど、最寄りのほりでーゆはいまいちだったので寄らず。
お蕎麦食べて帰ることにしました。

でも蕎麦処。
手打ちのお店は売り切れ次第終了のお店が多いので、午後2時過ぎはどこもやってない。

いくつか寄ったのに空振りで、安曇野近くのスーパーの敷地内にあるこんなお店になりました。
そば茶屋さん。
d0341037_22051581.jpg
入り口で食券を買って食べる小さなお店なので、パーキングの中のお店みたいな感じかなぁ・・・と思いましたが

d0341037_23114804.jpg
意外にも店内はジャズがかかっていて、お蕎麦も風味を感じられてとってもおいしかったし!
夫はかつ丼のセット820円でボリュームも満天。
私は天ざる。満足!

安曇野SAでお土産も買えたし、楽しい最高の一日でした~!









[PR]
by yamamihochoco | 2017-10-11 23:27 | 日帰り登山 長野

スズランを見に入笠山ハイキング

スズランを見に、富士見パノラマリゾート、入笠山へ行ってきました。
d0341037_11010950.jpg


2017年6月10日(土) 長野県富士見町 入笠山1955mm(沢入登山口→入笠湿原→入笠山ピストン)

ゴンドラ利用すれば入笠湿原から散策できますが、今回は沢入登山口から登ります。

朝3時に家を出発し、6時に沢入登山口駐車場に到着。
シーズンの土曜日だから、早めの行動です。
d0341037_22152833.jpg
6時の時点ですでに20台くらい止まっていました。
あと20台くらい止められる感じです。

駐車場の水洗トイレを利用し、6時過ぎに登山開始!

d0341037_22152801.jpg
駐車場脇にあった案内図。


d0341037_22152887.jpg
登山道はとても整備されていてとっても歩きやすい!

d0341037_22152929.jpg
新緑がとにかくきれいで、朝の静かな山に、鳥のさえずりだけが響いて、なんとも癒しの登りです。

d0341037_22152837.jpg
7時 入笠湿原入り口に到着。
約50分の緩やかな登りでした。
d0341037_10535607.jpg
湿原は帰りに散策することにして、先に入笠山を目指します。

d0341037_10535744.jpg
入笠山手前のお花畑エリアを通り抜け、(ここも日本スズラン群生地でしたが、まだ全く咲いていませんでした。)
見える斜面全部にスズランの株がありました。

九輪草、二輪草などはちらほら。

d0341037_10535728.jpg
お花畑を抜けると登山ぽい若干斜面きつめの山道になります。
でもそれも長くなく、8時入笠山山頂に到着!!
d0341037_10535691.jpg
後ろに八ヶ岳が見えますが、絶賛逆光にて見えません。

d0341037_10535732.jpg
ひろ~い山頂。
しかし風が強い!!寒い!!

天気予報は晴れなのにてんきとくらすでは昼からC判定。
本当かなぁ~と疑っていたけど、ドンピシャで当たってました。

d0341037_10535699.jpg

10m越えの強風が吹きすさびます。

なのに雲が多くて見えたのは南アルプス甲斐駒ケ岳くらい。
d0341037_11003951.jpg
楽しみにしていた北アルプスや富士山は全く見えませんでした。
d0341037_11003845.jpg
うっすら見えた中央アルプス。

激風で寒いけど、お腹が空いて空いてしょうがなかったので、お湯を沸かしてラーメンを。
d0341037_11003913.jpg
岩陰に小さくなって食べました~。
8時半下山開始。

8時20分マナスル山荘到着。
山頂で空腹じゃなかったからここのおいしいごはん食べたかったなぁ・・・。
来る人来る人みんなビーフシチュー予約してた。

d0341037_11003932.jpg
私たちはソフトクリーム400円を。(ハーフは300円)

d0341037_11010819.jpg
ミルキーでおいしかった♪
d0341037_12345820.jpg
マナスル山荘本館のこはだちゃん。
ペットと泊まれるらしいので、今度はうちのこを一緒に連れて遊びにきたいな。
(冬にノーリードのラブとゴールデンを連れてスノーシューに来ていた人がいて、犬連れじゃない人がランチをしていたらノーリードで不制御の犬たちに襲われて食べ物を奪われた、というブログを見てから敬遠していたのですが、スノーシーズン以外なら大丈夫かも?)

お次はドイツスズランを見に、入笠高原を通ってロープウェー乗り場方面へ。

d0341037_11003887.jpg
(木道から降りてるルール違反なおじさんが写ってますね)
木道の両側がすべて日本スズランの小さな株がびっしりなんですが、咲いているのはほんのわずか。
見ごろはまだ先のようでした。
d0341037_11011023.jpg
一番咲いていてこんな感じ。


ロープウェー乗り場の前の斜面は一面ドイツすずらん畑!
d0341037_11010909.jpg
すごい数です!
辺り一面スズランのさわやかで甘い香りが漂っていてうっとり。

d0341037_11011065.jpg
満開でした!

d0341037_11010911.jpg
なんて可愛い花なんだろう。

d0341037_11023594.jpg
みんな地面にはいつくばって夢中で写真を撮っていますw
わたしも。

d0341037_11010923.jpg
かわいくて、夢中で写真を撮りまくりでした。
d0341037_11011088.jpg
脇には休憩に良いベンチやあずまやも点在しています。
d0341037_11023561.jpg
八ヶ岳を見つつ、持参のお団子を食べながらのんびり過ごしました。

10時50分入笠湿原を出発。帰ります。
11時25分 駐車場到着。

帰りは近くの温泉、ゆーとろん水神の湯へ。(HPに割引券があります)

d0341037_11023518.jpg
食事処も休憩室も露天風呂もマッサージもすべてありますが、なんていうか、すべてがこじんまりとした造りで
のんびりって感じにはならないかなぁ。
混んでるときはちょっと嫌かも。

お腹が空いたのでおいしいお蕎麦を食べて帰ります。
一軒目に向かったくぼ田さんは、恐ろしく混雑していたのであきらめて、(天ぷらおいしそうだったなぁ)
少し山道を登って翁さんへ。

d0341037_11023563.jpg
こちらも外で待っているお客さんがいましたが、回転が速いのでそんなに待たずに席に付けました。

d0341037_11023666.jpg
田舎そばと普通の盛そばを一枚ずつ頼んで夫と食べ比べ。
私は食べごたえのある田舎そばが好み。夫は盛そばが好みでした。

つゆが燻した香りが強めの鰹だしだけど濃すぎずすっきりおいしかったです。

食事として食すより、お酒のおつまみになる感じのお蕎麦かなぁ。
私がエビスビールいただきながら♪おつまみの炒った黒豆がおいしかった。


d0341037_11041237.jpg

帰りに道の駅でお土産を物色していたら、みるみる黒い雲が八ヶ岳や山々を覆って大雨が降っている感じでした。
昼前に下山して良かった。

山登り、っていうよりは、スズランメインのハイキングでしたが、
ドイツスズランの香りと一面満開の景色が素晴らしく、満喫できた一日でした♪



[PR]
by yamamihochoco | 2017-06-14 13:40 | 日帰り登山 長野

羊不在の大川入山


霧氷の木々が白い羊に見える山、大川入山へ行ってきました。
d0341037_13182605.jpg

残念ながら羊にはお目にかかれなかったのですが、素晴らしいお天気に恵まれて
この青空!
緑と青と、アルプスの白い山々が眺められる大川入山、大好きになってしまいました。


2017年1月7日(土) 長野県 大川入山 1908m(治部坂→横岳→大川入山ピストン)


ヤマレコで大川入山の情報収集。
条件が揃わないと霧氷の白い羊は見えないらしい・・・。

d0341037_11084794.jpg
金曜の夜、てんきとくらすを見てみたら、土曜日夜中から朝にかけて氷点下の予報。
日中は晴れて気温が上がるけど、山頂付近の気温はマイナスのままだし、
午前中に山頂につけば、見られるんじゃない?ということで急きょ行くことに決定!


5時に起きて6時に出発。
急きょ決めた山行きのため、ガソリンスタンドにも寄ってから出発して
なんだかもたもた。

おまけに、雪山の山頂ランチはやっぱりカップラーメンだね、ということで
途中のコンビニに寄って朝ごはんと昼ご飯を購入するつもりでいたのに、
グーグルマップに乗っていた稲武町のサークルKが潰れていて何も買えない状況に∑( ̄ロ ̄|||)
(名古屋方面からだと香嵐渓のファミマが最終コンビニでした。)

目的の治部坂スキー場を通り過ぎて、昼神温泉のコンビニまで行くしかないかなぁ(´;ω;`)と
タイムロスを考えてしょんぼりしていたら、
153号沿いに、山の店、という9時からオープンの商店に人影があるのを発見。
すみませーーん、と声をかけてみたら、8時前だったけど、レジを開けてくださいました。
助かった。

朝食用の菓子パンと、山頂ランチのカップラーメンを無事購入できて、8時に大川入山登山道口の
無料駐車場に到着。

駐車場にトイレはありませんでしたので、道の駅信州平谷 で済ませておきました。

153号は、凍結注意の電光掲示板がたくさんありましたが、
一番低いところでマイナス9度の表示が。

国道沿いの街路樹も、きれいに霧氷が。
これは大川入山の羊も期待できる?
d0341037_10010560.jpg
最初通り過ぎてしまって、治部坂スキー場の駐車場に入ってしまい、
係りのお兄さんに聞いてみたら親切に教えてくださいました。(スキー場の駐車場は料金がかかります)
登山口の駐車場は赤い「こまくさ」と黄色い「菊芋ソフト」の看板が目印です。

12台ほど止められます。

準備を済ませ 8:30 出発!

d0341037_10010598.jpg
登山道入り口には立派な看板がありました。

雪はほとんどなく、歩きやすい道が続きます。
d0341037_10010585.jpg
木の根がすごいけど、これが階段状に足場になり、歩きやすかったです。
(ただひっかけて転ばないように注意は必要でしたが。)

d0341037_11112586.jpg
ヤマレコでよく見かける崩落箇所。

d0341037_10280175.jpg
左に細い階段状の巻き道があります。
慎重に歩けば問題ない道。

ただ、帰りは高度感があって、怖さ倍増。

d0341037_12475915.jpg
その先にも穴がありました。
結構な深さ。 雪に埋まったりしてたらちょっと怖いな。

d0341037_16161356.jpg
穴を超えると展望の良い場所が。
うわーーー!
南アルプスどん見え!!

あがるーーー!
濃淡の山々の向こうの白い山脈。

胸が高なるー!

d0341037_19545102.jpg
9:20 横岳到着。

展望はありません。
駐車場から50分。霧氷が解ける前に早く到着しなくちゃ!って
ガシガシ登ってきました。

d0341037_19584164.jpg
横岳を過ぎたら、木々の隙間から見えた大川入山。
うーーーん、霧氷、ないね。

登っている最中も、ものすごく太陽が暖かくて、ばっちり防寒対策してきたのに
暑くて半袖になりたいほどだもの。
ダウンジャケットを脱ぎ、フリースを脱ぎ、手袋もニット帽も脱いでも汗だく。
ないね。

と、いうことでここからペースを落とし、のんびり歩くことに。

d0341037_20085714.jpg
横岳から大川入山への縦走路はアップダウンを繰り返し、
日陰になるルートは結構雪が残っているところもありましたが、
凍っていないので、アイゼンもつけず、普通に登山靴で全行程歩けました。

最後の登りで視界が開けると!

d0341037_20211993.jpg
この展望!!
素晴らしい青空!きれいな緑!!なんてラブリーな登山道!!!


それにしても、木の枝の向き!

この日は無風に近かったけど、普段はすごい風なんだ(゚ロ゚」)

d0341037_20185713.jpg
歩いてきた道を振り返っても見渡す限り山の絶景。

d0341037_20414761.jpg
そして右側には、仙丈岳、北岳、塩見岳・・・美しい南アルプスたち!

霧氷の羊は見られなくて残念だけど、大川入山、こんなに素敵な山だって知らなかった!!


d0341037_20502992.jpg
11:15 大川入山到着!
2時間45分の道のり。

そんなに広くないけど、ベンチもあって、アルプスも見えていい感じです。

d0341037_20584888.jpg
木がちょっと視界を妨げているので木曽駒ケ岳などの中央アルプスはばっちり見えますが、
南アルプスはちょっと隠れちゃいます。

d0341037_20534608.jpg
お腹ぺこぺこ。
寒いと思ってカップラーメンにしましたが、おにぎりでも全然大丈夫な暖かい日。

でも山で食べるごはんはなんでもおいしいな。

おやつにコーヒー。1時間20分も山頂でのんびりしてしまった。

12:40 下山します。


d0341037_22103914.jpg
大川入山、適度な距離感、景観、歩きやすい道、山頂のくつろぎ感、すべてがいい感じで
すっかり気に入りました。

また絶対羊リベンジ登山したいと思います!


15:15 駐車場に到着!
もう少し早く降りられるかと思ったけど、雪の残る道は慎重にならざるを得ず、
2時間35分かかりました。

でも一度も転ぶことなく下山できました。よかった。

登山するたびに激烈に腹ペコになるので、帰りは道の駅どんぐりの里いなぶ
おいしいものを色々買って食べました♪

急きょ決めた山行だったけど、すごく良い一日でした。






[PR]
by yamamihochoco | 2017-01-08 22:41 | 日帰り登山 長野

紅葉の御嶽山 -2-

2016年9月24日 紅葉の御嶽山-1- のつづきです。

絶対に見たかった三の池!
素晴らしい景色だった!感動です!
d0341037_21342928.jpg



二の池を出発しサイノ河原を通って摩利支天山方面へ。
d0341037_22081250.jpg
山岳信仰の霊山だけあって、あちこちに石碑があって、ちょっと怖い雰囲気。


d0341037_22081206.jpg
歩いてきた道を振り返ります。
後ろに剣が峰。

二の池から下って、摩利支天へ向けてまた登り返す。

御嶽山って山頂エリアが広大だなぁ・・・。

それもこれも、火山の特徴、外輪山がたくさんあるからと。ほほう。

そして5つある火山湖。
d0341037_22081222.jpg
この青い火山湖 三ノ池が見たかったんです!

サイノ河原を越えて登った白竜避難小屋前からの眺めです。
d0341037_22081277.jpg
青空じゃないのが少し残念だけど、向こうには乗鞍岳も!


ここからまた摩利支天山方面へ登ります。

11時20分 二の池から50分かけて摩利支天乗越到着。

五ノ池へ今度は激下り。

d0341037_22081246.jpg
五の池と五の池小屋と山の池を眺める絶景!

d0341037_22081183.jpg
しかーし! 高所恐怖症である私にとって、この左側がキレてる(大げさでしょうが私にはそう思えます)
斜面を下りていくのが怖くて怖くて・・・。

足元だけに集中して、左を見ないようにして・・・。

d0341037_22081148.jpg
しかもこの細かい岩の道が怖くて!

マーキングされているので、気を付けて歩けば大丈夫なんですが、
それでもガタガタする透けてる足元がどうにも恐怖感をあおるのです。

もうこの道は絶対通りたくありません。

ここを通り過ぎると今度は溶岩の真っ黒いガリガリ道。

御嶽山は本当にバラエティに富んだ道の山ですね。

d0341037_11415070.jpg
11時50分 摩利支天乗越から30分下って五の池小屋到着~。

駐車場から5時間、お腹が空きました~。

五の池小屋ではビール飲んでる宿泊者と思われる人々。

う・うらやましい・・・。

いつか五の池小屋に泊まって愛と冒険のトレッキングルートで雷鳥を見るんだ!!

そして夜は薪ストーブで焼いたピザを食べてビール飲むんだ!!

少し山小屋のご主人と奥さま(でしょうか?)とお話させていただきましたが、とってもいい感じでした~。


d0341037_11415014.jpg
でも今日のところは持参のおにぎりとお味噌汁で・・・。

山で食べるおにぎりってホント美味しく感じます。


12時20分 帰りましょう~。

本当は、三の池を周遊して、三の池から女人堂に帰るルートを取るつもりでしたが、
雪渓エリアのがけ崩れの規制の為通れませんでした。

と言うことで三の池からサイノ河原方面へのルートを通り、二の池へ戻るルートを通ることに。
遠いよ~。

d0341037_11415044.jpg
でも、こんな絶景を見られたんだから文句なしです。

ほんとうに美しい景色。

d0341037_11415009.jpg
もう少しで白竜避難小屋、と言うところで一気に景色が変わり、真っ白に!

小雨も降ってきました~。

d0341037_11480447.jpg
避難小屋でレインウェアを着こみ、ザックカバーを付けて急ぎ足で帰ります。
(避難小屋ありがたーい。御嶽山は行者小屋が沢山あるので、ありがたいです。)

d0341037_11480477.jpg
ガスってる二の池ってあの世感が漂って怖いというか神秘的というか・・・。
d0341037_11480591.jpg
14時40分 女人堂へ戻ってきました~。
2時間20分の下り道、すでに足が大分プルプルしてきました。

ここから中の湯の駐車場までコースタイムでまだ1時間20分もある~ヽ(T-T )ノ ヽ( T-T)ノ
d0341037_11480531.jpg
濡れた落ち葉が木道を滑らせます。
雨も降ったりやんだり暗い道。 気分も滅入って全然進まない・・・。

長い下りが辛くてつらくて・・・。

私たちは下りが苦手で、いつもどんどん抜かされます。

明らかに私たちより太ってたり、かな―り年配だったりする御一行にも抜かされちゃうんです。

今まで下りで誰かを抜いたことって一度もないかも・・・。

下りを上手く歩く方法があるのかなぁ・・・。


と、くじけそうな心でなんとか歩いて(いや実際には挫けて夫にかなり八つ当たりを・・・)

d0341037_11480576.jpg
16時20分 黒沢口(中の湯)駐車場到着~!

長かったぁぁぁ。


全行程9時間20分!!  長い!!


初心者には長すぎました。

今度から8時間越えのルートは選ばないことにしようと誓ったのでした。







御嶽山素敵な山でした。





[PR]
by yamamihochoco | 2016-09-27 13:57 | 日帰り登山 岐阜

紅葉の御嶽山 -1-

土曜日は、長野と岐阜に鎮座する独立峰 御嶽山へ行ってきました。
d0341037_22435471.jpg
2016年9月24日(土) 御嶽山(黒沢口→9合目→五ノ池→黒沢口)

台風の影響でずうっと雨の日が続いて今年の紅葉は例年より早い、との情報を得て
いまひとつのお天気でしたが、土曜日に行くことに。

御嶽山へのアプローチは大滝口、開田口、小坂口、日和田口、黒沢口とありますが、
2年前の噴火の影響で、大滝口は通行できず、名古屋からアクセスしやすいこともあり
今回は御岳ロープウェー近くの6合目から登る黒沢口ルート(中の湯出発)を選びました。


中央道を中津川インターで下り、国道19号を北上し県道20号へ入り中の湯駐車場へ。
d0341037_22435489.jpg
6時15分の時点で車は6台ほど。
紅葉最盛期の土曜日に、この状況はやはり二年前の噴火の影響が色濃くでているのでしょうか?

駐車場にはとてもきれいなトイレがありました。
登山届をポストに出し6時40分 中の湯6合目からスタートです!
d0341037_23094423.jpg
登山道は木の階段ですが、前日の雨の影響で水が溜まっていて歩きにくく
増水時は沢を渡れないこともあると看板が立っていました。
d0341037_22435481.jpg

天気予報では午後3時から雨だったので、帰り水浸しにならないといいけど…と思いつつ登ります。
d0341037_22435497.jpg

7時35分 七合目を過ぎたロープウェイ乗り場との分岐に到着。
d0341037_22435430.jpg
コースタイム通り55分かかりました。

ここから8合目の女人堂までは木々が生い茂る暗めの道をずっと上ります。
御嶽山けっこう大変だな・・・と思いつつ登る。
d0341037_22435539.jpg
女人堂が近くなってくると硫黄臭が漂います。
火山灰も積もっている場所もあり、噴火の生々しい跡が・・・。

私たちは登山を始めてちょうど1年。
御嶽山が噴火をした2年前は山にまったく興味がなかった時でしたが、
それでもオンタイムで噴火のニュースを見ていて、それはそれは信じられない思いで恐ろしく感じたのを
よく覚えています。

今回の御嶽山登山のために、ヘルメットを購入しました。

d0341037_22435411.jpg
今日は曇りの予報でしたが、晴れてきました!
水にぬれた赤い実が映えます。

今日は9月の私のお誕生日に買ってもらったミラーレス一眼を初めて持ってきたので
おためし撮影で色々撮ってみますが、なかなか慣れず。難しい・・・。
d0341037_22435572.jpg
8時40分 ロープウェイ分岐から1時間で8合目 女人堂に到着しました。

d0341037_22435400.jpg
女人堂から見る御嶽山の紅葉は最高潮!と言った感じで素晴らしかったです。
瑞々しい錦の世界を何枚も写真を撮ったのに、あとから写真を確認したら全然見た通りに撮れてなくてがっかり。


ここではお腹が空いたのでおにぎりを1個食べ、トイレを済ませ8合目を出発。

d0341037_15584984.jpg
素晴らしい鮮やかな錦の紅葉。
お天気が今一つだったけど、紅葉ピークに来れたのは良かった。
d0341037_15563276.jpg
8合目より上からは、視界が開けていて眼下に雲海と町、駒ヶ岳、そして遠くに富士山も!

d0341037_15584977.jpg
なかなかの高度感!
緑の道だった8合目までと対照的に、9合目を目指す道はゴロゴロの岩の道です。
d0341037_15563295.jpg
火山灰の量が多くなってきて、硫黄臭もかなり強くなってきました。

火山を歩いている…と言う緊張を感じながら登ります。

d0341037_16071815.jpg
9合目の石室山荘には献花台が。たくさんいた行者の格好をした人たちがお祈りを捧げていました。

火山ぽい荒々しい山容。

スタートから3時間35分かかり 10時15分 に9合目すぎの剣が峰/二の池分岐に到着。

剣が峰方面へはまだ規制解除になっていないため、二の池方面へ。

10時25分 二の池到着。
d0341037_16160933.jpg
噴火口に近い登山道左側は火山灰に埋まっています。
二の池も濁っている青色。

d0341037_16181192.jpg
前日まで連日の雨だったので、ずぶずぶの火山灰の道かと思いきや、固く締まった道でした。

長くなったので続きます。
五ノ池、三ノ池方面へ向かいます!






[PR]
by yamamihochoco | 2016-09-26 16:38 | 日帰り登山 岐阜


2015年死ぬまでに一度は富士山登ってみたいな。なんて話して始まったアラフォー夫婦の登山ブーム。2016年8月富士登山実現しました!


by miho

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

北アルプスの絶景!を眺める蝶ヶ岳
at 2017-10-11 23:27
絶景!感動!の立山 -4- ..
at 2017-09-03 22:05
絶景!感動!の立山 -3- ..
at 2017-08-30 12:19
絶景!感動!の立山 -2- ..
at 2017-08-26 13:27
絶景!感動!の立山 -1- ..
at 2017-08-23 13:57

カテゴリ

その他
きっかけ
買い物 山グッズ
日帰り登山  山梨
日帰り登山 長野
日帰り登山 岐阜
日帰り登山 三重
日帰り登山 愛知
日帰り登山 静岡
日帰り登山 滋賀
富士山
ハイキング
マラソン
泊り登山 富山
日帰り登山 山梨

最新のコメント

> jimaさん ..
by yamamihochoco at 21:09
こんばんは。 美しい展..
by jima at 20:24
> jimaさん ..
by yamamihochoco at 10:45
こんばんは。 閲覧注意..
by jima at 23:43
> ぼっくりさん ..
by yamamihochoco at 14:20
鳳来寺山近くに三ツ瀬明神..
by ぼっくり at 01:22
> jimaさん ..
by yamamihochoco at 22:33
こんばんは、御無沙汰して..
by jima at 20:25
> jimaさん ..
by yamamihochoco at 21:02
こんばんは。 あけまし..
by jima at 21:58

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

フォロー中のブログ

タワゴトだいあり♪ 
お山歩日記
EASY HIKING

外部リンク

検索

タグ

(10)
(8)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

その他のジャンル

記事ランキング

画像一覧